So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

すったもんだがありまして・・・・

ご無沙汰致しております
小猿たちが成人し
個々の人生らしきものを歩むようになり
「ようやく 落ち着いた日々になりました」と
そんな ご報告が出来たらいいのですが
実際のワタシといえば 
1時間と 1日と 1週間と 1ヶ月に追いかけられ
すったもんだの日々を過ごしています

何がって・・・・
切っ掛けは 宅浪の次男とずーっと一緒がイヤで
衝動的に 飛び込みで応募した仕事
考え無しの 発作的な行動だったから
「ご活躍をお祈りしています」と言われたら
「へいへい ありがとさん」っと 気が済んだと思うのに
すんなり 採用になっちゃったのが運の尽き
「イヤだ~」「面倒だ~」っとブツブツ言いながら
気が付けば 勤続年数ってヤツを重ねてしまっているのです
次男の進学が 最初のすったもんだのスタートでした

ネタ 満載の職場にいるのですが
強制ではないものの
ワタシの中の「守秘義務」って概念が存在していて
やたらに 「世界発信」出来なくて
実は 書いただけの記事がポツポツ  笑
難しいですね 自分のことを書くにしても
どーしても 他人のことも入ってしまうから

職場は 常に すったもんだ
一難去ってまた一難の日々
刹那的に 人の志向に振り回されながら
それでも 元気に生きてます

今夜は台風とランデブー関東
皆様 ご無事でお過ごしでしょうか?
ワタシは 今年で3年目の梅の新漬けの瓶を揺すりながら
久しぶりのブログを投稿・・・・
新生姜の処理に 小茄子の処理をして
明日もまた 仕事です~ 
 

nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

人間でした

生まれてこのかた数十年
インフルエンザの記憶は一度きり
子供の頃は特定出来ないけれど
高熱の記憶がそれしかないから
まあたぶん そんなものなんだろう
その一度だって 既に20年近く昔だから
「ワタシって 罹りにくいのね」って信じてた


考えてみれば 姉妹の中でも丈夫で
姉や妹が病気で学校を休んだりすると 羨ましかった
38℃を超えた熱でも 何でも美味しい
胃がもたれる感覚も 呑みすぎで体験するくらい
元気で食べ過ぎに困ることはあっても
食べられないなんてことは無いし
食欲はいつでもあるってタイプだった


そんなワタシ
やっぱり人間でした


唐突に インフルエンザにかかりました
いや 予定してなるもんでも無いんだけど  笑
普段 あまり病気をしないから
なぜか 早くから予感があり
薬を全て止めて じっとして
高熱になった時点で 確信
あとは病院へ行き 「やっぱりか~」っとなりました


驚いたのは 食べられないこと
4日以上 ほとんど食べられず
子供のように 「プリン」「桃缶」などと言い
子供達にまで笑われてたのだけれど
食欲 戻らないんです
いや 違うな~ 欲はあるっ!!
ただ 食べるとこまで至らない感じ?    笑
離乳食みたいな状態で 数本のうどんと格闘してたり・・・・


いやぁ~  参りました
インフルエンザ 怖いっす
皆様もお気を付け下さいませ


nice!(27)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

解散騒動に思うこと

アイドルはよく 「偶像」と和訳される
偶像である以上 信者(ファン)の崇拝対象なわけだ
崇拝されるほどの人には 特権もあるだろうが
それと同じくらい 不自由な制約もあるんだろう
世の中はたいがい 五分五分に出来ているものだ


まあ普通に外出は出来ないだろう
ありきたりな生活の中で体験する常識も 身に付かないかな?
代わりに お金はかなり自由になり
衣食住やレジャーは満ち足りているのかもしれない
崇拝者たちからの美辞麗句に 自尊心も満たされているかな?
忙しい日々の中 思慮深さが無くても生きていける
生活の苦労は無いのかなぁ??


どちらが良いとも思わない
ただ 若くして大金を手にしてしまうから
少々 刹那的だなって思って見ているけれど
年令よりも だいぶん幼いなって気がするけれど
堅実な庶民も偶像も 元はただの人間
彼等とて悩みもすれば 逡巡することもあるんだろう
後悔したり 浅はかなことをしてしまうこともあるんだろう


何があったのか 真実は知らない
たぶん 彼等が真実を語ったとしても
テレビのこちら側の人々は 勝手に妄想を膨らませ
それを真実とは受けとらないと決まっているし 
偽りで飾り立てたとしてもまた それを真に受けることは無い
偶像に求める 個々のイメージのままに
あれこれと心情を推測してくれるに違いない
大衆とはそういうものだから 欄外に置くとして
彼等も最初は「デビューして 有名になる」が共通の目標で
子供だから みんなが一点を見つめて頑張るんだろうけれど
その目標にたどりついて 20年もその頂点に居続けたら
そしたら 複数の人間は次の目標を同じに設定出来るものだろうか?
まあ 40も過ぎてアイドルってのも厳しいのかな?
それでも 現時点で解散しないと決めたのなら
まだ一緒に居たいって思ったから そうしたんだろう
いい大人だ 捨て身になれば何でも出来るはずだ
偶像として ちょっと不味かったな~っと思うのはその点
たとえ裏で何があろうと 表面はキレイに取り繕い
崇拝対象としての仮面を保つことが仕事なのだ
美しい王子として 微笑みを絶やさず
何事もなかったかのようにするべきたったのではなかろうか


どこの企業だって 退職願いを出したら
その撤回はかなり厳しいだろう
「やっぱり 辞めるの止めた」なんて 
そんな甘ちゃんは世間では許されない
契約社員は基本 互いに支障がなければ更新するものだし
更新しない選択をするのは 雇い主の方が断然多いと思う
社畜と言われようと 労働者とはそういうものだし
たとえ大企業の社長さまであっても お客様との関係は同じ
製造や販売業なら解りやすいが
ぐるっと回って 労働者がお客様になることもあるから侮れない
世間とは そういうグルグルで出来ている
日々是勉強
本当に解散する時は 今度はちゃんと出来るよ
これは練習だと思えば 人生に損は無い

nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

謹賀新年

旧年中は大変お世話になりました
本年も どうぞよろしくお願い申し上げます



なーんて 
全然 年明けの実感無しです
なにせ人生初 31日の夜まで仕事に行き
家で掃除 職場でも掃除
頭の中は 某リサイクルショップのCMの歌がぐーるぐる 
大掃除が終らない 大掃除が終らない ウールー♪」
だって ホントに終らない  笑
帰宅するなり キッチンに立ち
年越しそばに天ぷら揚げて・・・・・・


年の瀬の情緒もへったくれも無い
いわば 他人の休日をサポートする側
2月に始めた仕事が もうすぐ1年
あれよあれよと 飛ぶように過ぎる日々に
慌ただしすぎて 追いまくられて
いい年して 新しいことばかりに出合い
オロオロ ウロウロ
とにかく そんな2015年でした


今年はちょっと落ち着いて
ようやく 少し慣れた仕事に翻弄されないように
ガッツリと足元を固めて生きたいなと
そうできたら良いなと 思っている次第
その前に数日 蓄積した疲労を癒したいかな  笑
ブログも もう少し書けたら良いな
っと 抱負を語ってみました


皆様も 良いお正月をお過ごし下さいませ

nice!(19)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

リクルートスーツって 必要?

リクルートスーツって必要?!』


長男から聞かれて 考えてしまった
そもそも 「リクルートスーツ」っていうくらいだから
その概念そのものは リクルート社が出来て以降のもの?
ワタシの就活の時にも 既にあったけれど
それは 女子学生のためって部分が大きくて
「悪目立ちしない 嫌味の無いオシャレ」が軸だった気がする
ベージュや薄いグレーのスーツの子や ワンピースの子もいたもん
じゃあ 男性用のスーツはどうだったんだろう??
あんまり気にしたこと無かったなぁぁぁぁ


今 男子学生の着ているスーツ
上着丈は微妙に短く お尻が少し見える
っで ズボンは裾まで細い
太っていようと 痩せていようと
高身長でも小柄でも 
筋肉質くんも ひょろりんくんも
とにかく みーんなソレを着ている
体型カバーも何もあったもんじゃ無いからね
似合う子は良いけど ちんちくりんな場合もある


ボタンの数の流行は いつの時代もあるにしても 
「自分には絶対に似合わないデザイン」ってのもあるわけで
そこを ダブルにしたりシングルにしたり
タックの数や丈でカバーするようになってるのがスーツなのに
とにかく全てを無視して みんな同じの色とデザイン
「つるし」って言葉がピッタリのソレは 
正直 あまり素敵には見えない
紳士服店の人は 「今年の流行はこれです」って言うけれど
なんか・・・・ 微妙だとは思っていた


っで 冒頭の質問
白が目立つようなピンストライプかは別として
遠目には黒に見えるような 織りの模様とか
ああいうのは 本当にダメなんだろうか?
黒・濃紺・ダークグレーが基調で
社会人として 問題の無いデザインで
身体に合っていて 清潔感があるのなら
銀行や官庁等で無ければ 問題無いような気もする
今の「黒」のみがベストって意識統一
あれは 企業側も望んでいることなんだろうか?
あの 細身のカトンボみたいなスーツ
あれは本当に カッコイイのだろうか?


制服みたいなリクルートスーツ
買うのを薦めるべきか
はたまた 身体に合ったものを選ぶべきか
本当に「同じスーツで 人間性が解る」のか
紳士服店をのぞき込んでは 考え込み 
手ぶらで帰宅している

nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

V V V  が怖くって

数日前から 国内でも騒がれている
ニュースにもなったりしているらしい
テキストの「jpg」とか「png」の部分が「VVV」になる
そんな マルウェアがあるらしい


感染元は どこにでも表示されている「広告」のどれか
今のところは アヤシイとされている
感染に気付いたら 即刻 強制終了をしないと
データの復元ポイントさえも 全て破壊されてしまう
更に 家庭内の別のパソコンにも感染するって くせ者
つまりは 会社の一台が感染して放置したら 
いずれは全てのデータを失うことになりかねない


   「フラッシュ」「アドビ」「ジャバ」は最新にしとけ
   「テキスト」を表示にして 常に確認しろ
   「万が一感染したら 切り離せ」との指示
   今のところ 我が家はそれで防げている


マリー達は必死に情報収集をしているけれど
海外のとこで調べていて 感染したとかって事例もあり
既に感染したとこは 対策に追われているらしいが
なかなか 全容は見えてこない
取りあえず 動画は危険度が高いらしいけど・・・・・
まあ ワタシはあんまり見ないからいいけどさ
若い子は 動画無しじゃあねぇ~~
スマホももちろん危険なわけで
これは なかなか大変かもしれない


広告が表示されないトコなんて ほぼほぼ無いわけで
未知の「VVV」にビビッてるワタシ
「VVV」以外にも 変なウィルスだかマルだかがあるとか
そっちの方が怖いとか何とか・・・・
嫌だなぁ~ 感染したく無いなぁ~~
だって ものすごーーく怒られるもん


皆様もお気を付けて下さいませ



nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

冒険

いろいろと不思議な 次男のアルバイト
普通と違うのは 採用の過程が違うこと
それと 紛れ込んだ先が プロ集団のせいもあるかも?
客先も国の機関や銀行の一流どころが多いし
そうじゃ無い場合でも あちこちに展開している企業ばかり
メンバー入り出来たのは マリーの後押しがあったからだとは思うが
次男は次男なりに頑張り 「真面目で良い子」の評価を頂き
それが仕事に繋がっているらしい
かぶるためのネコの大量飼いは親譲りってことか? ww


さて その不思議なバイト先
たまに 地方出張の仕事が発生する
マリーも仙台に3回ほど行ったけれど
さすがに 次男にオファーは無いと思ってた
しかし6月 とうとう次男にも誘いが来たのだ
それも 「山形・長野一週間ツアー」である
次男自身は相当に迷い 受けない意向だった
しかし ワタシは良い機会だからと行くことを勧めた
知らない街で一人っきり 
食べること 着ること 生活の全てを自分でしなきゃならない
家に居たのでは体験出来ない 一人の時間
自分を見つめる 良い時間になると思ったのだ
大丈夫 我が家は全ての家事を分担してきている
同じ空間で生活するものとして 家庭内での仕事は常に体験済み
ひとりでも出来ると解っていた


唯一 ワタシの教育方針の中の気がかりな案件 
小学生の頃は子供だけで新潟帰省とか いろいろさせてはいたのだが
それは長男の実になることはあっても 次男の実になってるのかは疑問
次男は長男の後ろをついて歩いてるフシがあった
兄弟がいると そこら辺は上手く行かないものなのよねぇ
次男だけで行かそうなんて計画すれば 長男に泣かれたわけで
結局 下の子の社交性や社会性はアヤシイ場合が多々あるのだ
今回 そこらを一気に解消しようと目論んだ
我が家から2時間越えの待ち合わせの場所まで行くのも初めてなら
仕事仲間とはいえ 大人ばかりの中にひとり
こんな良い機会を逃す手は無い
知人たちは「驚くほど冷たい母」だと非難したけど 
ワタシに家から蹴り出され 次男は冒険に出かけて行った


心配性のマリーとはラインで繋がっていたらしいが
ワタシとは車移動の間のみ 定時連絡
あとは時折 大人の経験を元にひとことで注意をするのみ
高校入学時までにきちんと常識はレクチャーしてあるし
失敗から学べば良いと思われる部分は完全放置
ただ 仕事で出かけているわけだからね
客先への失礼だけは許されない
直前 次男の例から採用された21才の子が 寝坊でお客様を怒らせ
いろいろと問題が挙がったばかりだったので
そこら辺はぬかりなく 注意をしておいた
元々 手綱なんてものが存在しない家のため
一週間の出張中も ワタシと長男は平静
ひとり居ないと静かで平和[わーい(嬉しい顔)] 


さて 出張中に次男が計画していたことがある
長野の大学に進学した友人の近くに宿泊が決まっていたため
その彼に会いたいと思っていたのだ
家から事前に連絡すれば 予定をあけていてくれるだろうに
   「ビックリさせるんだ」
そう言って あちらに着いてからメール
   「長野なう」
なうって あんた。。。。。  笑
イマドキ使う子はいないだろうにね
すると相手が驚き 慌てて電話をくれたらしい
ホントに長野だよ~っと 翌日に会う約束をし
再会して 信州そばで夕飯しながらおしゃべり
更に 帰宅の朝にも会ったんだって
意外な場所での再会に盛り上がり
親元離れて不安なもの同士 互いの存在が嬉しかったんだろう


あっという間に一週間
大人びた口調と 対人スキルを手に入れて
冒険を乗り越えた次男が帰宅した
祖父母に送ったお土産は 懐かしい栗おこわ
   「気持ちが温かかった」
ありがとうの電話の向こう 
父の表情が見えるようだった
「浪人中にそんなことをさせなくっても」って 
そういう意見もあることは解ってる
だけど 今じゃなきゃ出来ないこともあるのだ
これは 何にかえても惜しくない経験
イチバンの収穫は 次男の中にある


nice!(36)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

もう就活ですか?

3回生になった長男
つまりはまだ 2年しか経っていないというのに・・・・
5月には大学内のインターン募集が始った
学校推薦のインターンは学内選抜
書類選考が一次で 二次は面接になっている
どんな業種を希望するのか
自分は何をしたいのか
まだボンヤリとしかイメージ出来ていない未来を
紙の上から選び出す作業
ブツブツ言いながら 書類を仕上げていた


昔は無かった この「インターン制度」ってやつ
解りやすい例えにするなら 教育実習生の会社版かなぁ
社内に入り込み ちょっとだけバイト的に参加したり
業種によっては 内部を見せて貰えたり
実際の業務をチラ見せして頂けるシステム
希望すれば 誰でも参加出来る会社もあるし
事前に選抜のある会社もある
その結果が全て 採用に繋がるわけでも無いはずなのに
志望理由とか動機とか 事前に面倒な書類提出がある
ホントは少し 事前選考の要素があるのかな?
まあ この時点では学歴フィルターは無いみたいだし
単に 人数制限ってだけかもしれない
昭和のひとからすると 面倒なシステムにも思える


6月 一次審査を無事に通過した長男
スーツ姿で大学の面接に呼ばれた
集団面接だったらしいのだが
なーーんか 不満だらけの顔で帰宅
   「俺以外 みんな志望理由が同じでさ」
ひとりは 丸暗記の暗唱みたいな受け答えで
いまひとりは 若者言葉をそのまま使っていたとか
   「しかも面接官は事務の女の人がひとりでさ 何も質問されなかったよ」
うーん・・・・・ 基本は成績順かな?
態度の確認と着こなしの確認のための面接?
   「あれで落ちたら 単に俺が生意気って理由だわ~」
そりゃあ さもありなんである  笑


インターンはまた 公募形式もあるんだと
インターンフェスみたいな催しがあり
これはつまり 合同会社説明会みたいなもの
土日両日 事前申し込みをして参加した長男
気になる業種のインターンを決めて来た
文系なのに マリーみたいな職種
蛙の子は蛙ってことか?
結局はそちらに惹かれて行くものなのだろうか?


3回生になったとたん プレ就活
リクルートスーツを前倒しで買うべきか
講師としての仕事着のままで良いのか
流行のあるもの故に 迷うところらしい
相談されても 良いアドバイスなど浮かばない
ってか もう就活かぁ~~~?!
大学受験からは 実際のトコ親はあんまり関係無いけれど
なんとなく 落ち着かない気持ちにさせられる
あぁ 嫌んなっちゃうなぁ


nice!(21)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

働きたくないでござる?!

既に 世の中はGWまっただ中なのか?
飛び石のはずの木曜日も金曜日も空気はまったり
シフト内に「トラブル持ち」が発生したため
普段以上にハードなワタシは それを横目に通勤
「えーーと 今日は平日だっけ?」みたいな状態ではあるが
楽しそうな親子連れの様子を見るのは悪くない


さて 絶賛浪人中の次男とその父マリー
こちらは楽しく無さそうな作業着姿の親子連れ
なぜなら 次男は人生初のアルバイトだから  笑
っというのも マリーに仕事を発注している先が人手不足になり
「誰かいない?」っと相談されたのだ 
あちら的には 以前も手伝った長男への打診だったと思うのだけれど
丁度 「受験料くらいは自分で稼ぎたい」とバイトを探してた次男が参加
親が同伴って どんだけ過保護な初バイトだぁぁぁぁっと思ったが
それなら 家業を継ぐ子はみんな過保護ってことになるもんね
理系としての見聞を広めることも出来るし
もしかしたら 希望の学部も変わるかもしれない
新しい興味の扉が開くかも~っと 放っておいた


マリーはシステムエンジニア的な専門職
受注している立場だし 打ち合わせ等もあるしで
当然 仕事先では別チームになる
次男は下働きのアシスタントチームだからね
まあ 力仕事や運搬がメイン
それでも長男よりは基礎知識の部分は不足してたから
工具類とか 専門用語はザラッとマリーがレクチャーしたらしいが・・・・・
別働隊に指示する長は短気な人と聞き どうなることかと思ってた
このかた 客先のかなり偉い人なのだけれど
一度丁寧に説明したことで 何度も失敗されるのが大嫌い
大人の男性でも泣かされて 辞めちゃう人もいるんだとか
しかし働き出してみれば なんてことはない
「今日は○○が上手く行かなくて・・・・・」などとボヤいたり
いっちょまえにバイトらしいことを言っている
短気な長とも気が合うのか 上手くやっているらしい
   「大学卒業したらウチに来いよ」
なーんて リップサービスされたりしてる
いやいや こんな大手さんには簡単には入れませんよ~~  笑


浪人中にバイト?って言われそうだけれど
まあ バイトったって月に1週間ほどのもの
自分で間隔をコントロールして 手帳でスケジュールを組んでいる
「ずーっと家だと身体が鈍るから」とか言っちゃって
体育の授業代わりにしているらしい
それで収入はワタシよりもずーっと良いのだから
ホント 生意気だっ!
スマホの買い換えと メガネの作り直しをしたら
   「あとは貯金だな」
守銭奴の本領発揮で ニヤリとしている
   「集中力が上がって 勉強もはかどるよ」
なんてことらしいから メリハリが良いんだろう


GWでもお弁当持って出かけていく
どう見ても 楽しく無さそうなふたりだけれど
親子の会話の時間にはなっているらしい
それと 働くことの大変さとか
お金を得ることへの責任とか
通勤・通学の時間が長いと大変なこととか
家庭内でのお互いの事情や状態も見えたのか
すこし短気が治まって来て
新しい一面を見せるようになってきた
まあ 何事も経験ってことかもしれない
ついでに「交通機関音痴」も直って 一石二鳥だ
しかし・・・・家で次男とずーっと一緒が嫌で仕事を探したワタシ
今となってみると 必要無かったのかも?
まあ 家計の足しになるかと思うと 今更辞められないけれど
この疑問に取り憑かれて ちょっと悶々としている
たまーーに 「働きたくないでござる」って言葉が脳内をくるくるしてるのは
長い子育て生活の副産物かもしれない    笑


nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

大学の実態

前記事を読んで 
「chuntaのヤツ 息子自慢かっ?!」っと思われたかた
いやいや アレはなかなか面白いオトコではあるが
自慢するほどの息子ではない
全てはこの先への導入ゆえ 見逃してもらいたい  笑


社交的でソツのない長男ではあるが
実は 大学で友人を作る気は全くない「ぼっち」学生
それはたぶん 私立大学の入試の在り方によるものだと思う
内部進学に推薦入試にA0入試
この3種類の進学方法が 学内の格差を生み出している
かなりの難関私立大に通う学生でも
この「絶望」を感じている学生は多いのでは無いだろうか?
小保方女史も 小学生なりすまし君もA0合格らしいから
イマドキの大学を知らないかたでも 一流私立の実態に感づいてるかな? 
推薦もAOも無くなれば どんだけスッキリすることか・・・・


先日の「サッカー部・万引き韓国ツアー」の高校を例に挙げてみる
あの学校は公式偏差値が50そこそこの私立高校なのだが
内部は「東大・難関私立」クラスと「私立難関大・マーチ」クラス
それと「スポーツ等」の普通クラスに分かれている
当然 偏差値70を超える難関大に 50そこそこで受かるわけが無い
どんなに3年間努力したとしても クラスとして詠える段階になるわけがなく
ここに 私立高校のカラクリが隠されているのだ
つまり 入学選抜の段階から「学力担当」と「スポーツ担当」に分かれているのだ


ほぼ断言出来るが 
最高位の「東大・難関私立」クラスの子たちは 推薦入試枠の使用は禁止
内部進学も無しで 一般入試で難関校進学のみに限られているんだろう
そうして「スポーツ担当」の子や 普通クラスの後輩のため 
せっせと翌年以降の推薦入試枠を確保し続けるのが彼等の仕事になっている
学力担当クラスが稼ぐ推薦枠を 普通の子たちが消費する
そうして 私立高校からの大学推薦入試ってのが成立しているものだから
KO大やW大クラスの私立でも とんでも無い頭脳の子が紛れ込んでしまっていて
事実 彼等は分数も出来ないと雑誌にすっぱ抜かれたほどなのだ
客員でやってくる先生がたの不満もそこらにあるようで
学内に絶望感を漂わせている


大学側もこの実態に気付いているから 
「一般入試」と「推薦入試」の学生を最初から分けて扱うけれど
推薦は 少子化の中で学生を早い時期に確保するための秘策だからねぇ
問題と知りつつも 毎年 半数以上をコレで取り続けているというわけだ
そんなことしたらレベルが下がっちゃうだろうって?
大丈夫 その分一般入試は熾烈を極め
かなりの学力レベルの学生が 「こんなとこ?」って私立に流れて行く
各県トップの公立高校であっても 公立の生徒には推薦開拓の義務は無いから
難関私立を狙う子達はみんな一般入試だし
国立は全ての教科が出来ないと入れないけれど
私立は1教科入試とか 3教科入試とかにしてるからね
特定教科を必死に勉強する
その子たちが 一定レベルの「偏差値」を維持させてくれている


イマドキの私立大学入試
逆のカラクリも潜んでいて
「給費生試験」なんてのが存在する
ある大学では 全学部で100人も給費生を取る
この試験 国立難関でも合格出来るような子でもなかなか合格出来ない
次男の同級生を例に挙げると 
東京理科と上智に一般入試で合格した子がチャレンジしたが 不合格だった
その大学の予備校発表偏差値は50ほど
世に言うFラン大なのだが 給費生試験の難しさは群を抜くのだ
こうやって 予備校発表の「偏差値」は維持され続けているのだから
中身にどんだけ学力があるのかは 推して知るべしである


合格すると 学費の大半が4年間無料って給費学生
親孝行で ものすごーーく優秀な子たちってことなんだけど・・・・・
就職となったらこの手の学内の格差は見逃され
大学名でエントリー出来ない企業が出て来る
優秀な給費生たちも例外なく閉め出されてしまうわけだ
代わりに 人のふんどしで相撲チームのスポ根推薦生を引き当てる
企業的には損失だと思うんだけど
大学名で振るいにかけたらラクだもんね
一般入試の子も混じっているわけだし
毎年 変な新入社員ばかりでも無いんだろう


さて 長男がなぜ友人を作らないかだが・・・・
一回生の時 一般入試組の中でプレゼミが組まれた
その中で グループ活動のリーダーを引き受けることになった
個々が調べやすいように考え 自分が面倒ごとを引き受け
真面目なヤツだから 無理の無い日程で分担を決めたのに 
誰もノルマ分を調べて来なくて・・・
仕方なく  ひとりでグループ分のレポートを仕上げて発表もこなした
ヤツの書いたレポートで ヤツの発表で 
その他メンバーは何もしないで評価を受けたわけで
2度目の課題が始っても やはりノルマをやってくるものはいなかった
その手の不正に我慢ならない長男
教授にその場で直談判して グループを抜けさせて貰ったらしい
(つまりは キレたのですな~  笑)
同じように感じていた子も数人いて
何人かが自分もやらせて・・・・・っと 「ひとりグループ」を希望
その後 長男のレポートは「優」を頂いたけど
長男の抜けたグループからは 複数が「再履修」になった


「残念なひと」な長男だから
学内には彼よりも優秀な人がいる
   「そういう子と友達になればいいのに」
   「嫌だよ 殆どが馬鹿なのにどうやって探すわけ??」
あ~~確かにそうかもしれない
砂つぶの中から砂金を探す様なものだよね
しかし 「青春」なんて言葉を体現するような大学時代
サークル活動に精を出す学生も多いのに
ぼっちで4年間予定って 侘びしくない?
   「大丈夫 バイト系で友人は増やすから」
そういって 講師仲間とばかり遊んでいる
関わるのも嫌なほど格差があるって・・・・・
やっぱり 入試はちゃんとテストしないとダメだよねぇ
っと同時に 私立文系の大学を卒業する意味は果たしてあるのか
ヤツみたいに資格ばかりを追うのなら 専門学校でも良くないか?
教養教科って どれくらい身に付いてるんだろう??
我が子を通学させながら 疑問に感じたりするこのごろなのである


nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。